なかひがし

代表ご挨拶

中東篤志『なかひがし』代表の中東篤志です。

私が『なかひがし』を設立し、一飯一汁(One Rice One Soup)プロジェクトを立ち上げたのは、日本人が小さな島国で長年育んできた素晴らしい食文化を世界中の多くの方々に知って頂きたい、そして、日本食となるものがその地その地にある素晴らしい食文化と融合し、変化しながらも、不変的な部分はいつまでも残り、本当の意味で食べるという事を後世に残していける一つのきっかけを創りたいと思ったからです。

食事スタイルは時代の流れによって変化し、進化していくものですが、大切な部分、不変的な部分というのは世界各地に必ずあると思います。

世界中のあらゆる国や地域でこのプロジェクトがきっかけとなり、私たちが提案する食事スタイルがその地のライフワークに溶け込み、新たな食の1ページになる事を願っております。

企業概要

屋号 なかひがし
代表 中東篤志(Atsushi Nakahigashi)
事業拠点 〒606-8406 京都市左京区浄土寺石橋町32-3
電話 080-4028-7779
メールアドレス info@onericeonesoupproject.com
事業内容 レストランプロデュース
スタッフトレーニング
営業支援事業
(詳しくは「事業内容」をご覧ください)
資格 Qualifying Certificate in Food Protection (NYC Health)

代表プロフィール

1986年2月5日、京都生まれ。

幼少期から料理人である父の仕事を見て育つ。

12歳の時、父が草喰なかひがし開業。その頃から、厨房に入り手伝いを始める。

高校卒業後渡米。日米間を行き来しながら、食文化を中心に様々な文化の違いに興味を持つ。

23歳、ニューヨークにある精進料理店、嘉日に就業。翌年、同店でミシュラン二つ星獲得。

27歳、同店にて、副料理長兼マネージャーに就任。カウンターで料理をしながら、海外の方々に日本食を自分の言葉で伝える事に喜びを感じる。

29歳、同店退職。同年、野菜料理人中東篤志として、なかひがし起業。

一飯一汁プロジェクトを発足し、ニューヨークにある雑誌社や食品店、料理学校等でデモンストレーションを行いながら現在に至る。

リンク

すべて外部へのリンクです。現在のウィンドウあるいはタブに開きます。

ページの上へ

このページのメニュー

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

電話番号

365日24時間受け付けています。

お問い合わせ方法